そんな時は ブレンドを一杯どう?ひと息入れよう

Have a break, have a Blenblend.

たつや TATSUYA

Vocal

たつやは平凡な社会人として過ごしていた。そんなある日のカラオケボックスで、りゅうたろうに歌の才能を見いだされたのだった。名古屋の外れで眠っていた美しい歌声は、人々の心の奥へと響き渡り、いつしか彼は「平成のハミングバード」と呼ばれるだろう。

ビーンズビトウ代表 尾藤氏のドリップ分析 「とても器用だが、ビビり屋ブレンド」

Front man Tatsuya has beautiful voice directly reaches inside your heart.

りゅうたろう RYUTARO

Chorus & Bass Guitar

りゅうたろうはイギリスの飲み屋で、夜な夜な演奏をしてきたやつだ。群れを好むが、ある日どこかへ飛んでいってしまう渡り鳥の様なやつでもである。サッパリしている反面、中学時代から1本のベースを使い続けるなど、物には愛着があるようだ。

ビーンズビトウ代表 尾藤氏のドリップ分析 「個性的だが、結果がカップに残らないブレンド」

Bassist and composer Ryutaro has grown his unique musical career in the UK.

かみゆ KAMIYU

Chorus & Keyboard

かみゆは名古屋で引っ張りだこのピアニストである。彼の人気の秘密はそう、ユーモアのセンスなのだ。トークにおける的確なツッコミで強いインパクトを見せつつ、ピアノとコーラスも鮮やかにこなす、軽快さの持ち主が彼である。

ビーンズビトウ代表 尾藤氏のドリップ分析 「守るものがあるが、詰めが甘いブレンド」

Pianist and composer Kamiyu has versatile skill to play any genre in any tonality.

だいじろう DAIJIRO

Chorus & Percussion

だいじろうはふわっとした雰囲気の割に、ドシバシとしっかりしたドラムを叩いてきて、名古屋のミュージシャンは皆そのドラミングに満足するのだった。ヨチヨチ歩きだった彼が、こんなに素晴らしいドラマーになるとは、誰が想像していただろう。

ビーンズビトウ代表 尾藤氏のドリップ分析 「控えめだが、しっかりサポートブレンド」

Drummer Daijiro plays not only rhythms but also timbres polish our sound.

Please reload

りゅうたろう、かみゆによるウクレレ&ピアノユニット「ウクレ☆レビュー」のページはこちら